BNLS注射とは注射で顔が細くなると話題の美容術

MENU

BNLS注射とは注射で顔が細くなると話題の美容術

BNLS注射とは顔痩せのための注射のことです。

 

 

BNLS液という植物由来の成分を顔の気になる脂肪に注射すると、その部分の脂肪を減らすことができるといいます

 

 

脂肪が減れば当然その部分は細くなり顔痩せができますよね。早い人では3日後から顔が細くなったと実感できるという即効性もウリの一つです。(私は1週間後に実感できました)

 

 

しかし、それを聞いたとき、ではその溶けた脂肪はいったいどこに行くの!?と不安に思いました。実はBNLSで溶解した脂肪は尿や汗などによって排出されてしまいます。

 

 

だからBNLS注射を行った後にはマッサージや有酸素運動は大切なんです。

 

 

脂肪吸引のようにがっつりと器具で脂肪を取り出すのとは違い、BNLS注射で溶けた脂肪は自然に排泄されるため緩やかな効果となりますが

 

 

脂肪吸引は手術になるのでハードルが高くてできないけれど、私のように顔痩せダイエットジプシーで自力での顔痩せに限界を感じている女性たちに口コミで広がっているのがBNLS注射なんです。

 

 

BNLS注射がこれまでの脂肪溶解注射メソセラピ―と違う点

 

 

BNLS注射は美容大国の韓国で人気となり日本へやってきた比較的新しい注射です。BNLS注射が日本で広まる前にも、メソセラピ―という脂肪溶解注射はありました。

 

 

BNLS注射とメソセラピ―は同じ脂肪溶解注射ですが効果が出るまでの過程に違いがあります。

 

BNLS注射はダウンタイムがないのがポイント

 

メソセラピ―は注射をしたあとの腫れがひどく1〜2週間はおたふく風邪のような腫れが続いてしまいます。また、脂肪が溶解する際に炎症を起こしてしまうこともあり注射後の熱さに苦しむこともあります。

 

 

このような注射後の腫れや炎症のことをダウンタイムといいます。いくら注射で手軽に顔痩せができても2週間も外に出られない状態が続いてはOLさんや学生さんには無理ですよね。

 

 

BNLS注射が人気の理由はダウンタイムが少ないためなんです。

 

 

私も頬と顎に合計で34本もBNLS注射を打ちましたがダウンタイムはほぼなく当日からマスクなしで友だちに会っていました!

 

 

「ほぼない」と書いて「まったくない」と書かない理由は、BNLS注射をうった当日にはBNLSの液体が入っている分、少しだけむくんではいました。しかし人から見て気が付かれるレベルのむくみではないので気になる方はマスクをしていれば数時間後には腫れ(むくみ)もなくなる人がほとんどです

 

BNLSの植物由来の成分に秘密あり

 

なぜBNLS注射だって同じ脂肪溶解注射なのにダウンタイムがなく顔痩せができるのか。その秘密は二つの注射の薬剤の主成分に違いがあるのだそうです。

 

 

メソセラピ―は大豆から抽出されるフォスファチジルコリンを主成分としています。しかし、このフォスファチジルコリンは脂肪を溶解する際に炎症を起こしてしまうんです

 

 

そこでBNLS注射ではフォスファチジルコリンとは全く違う植物由来の成分を主成分として、これまでの脂肪溶解注射の短所である腫れや炎症を抑える働きのある成分を配合してダウンタイムのない脂肪溶解注射が実現したのです。

 

 

BNLS注射の主成分とその作用

 

ダウンタイムなく脂肪を溶解できるBNLS注射の主成分とその作用は次の通りになります。

 

成分名

作用

セイヨウトチノキ(マロニエ) 血行促進・引き締め効果
ペアシアグルミ α-リノレン酸(オメガ3脂肪酸)の作用により血行促進、新陳代謝を活発に
アデノシン三リン酸(ATP) 細胞機能を活発に
チロシン 脂肪融解促進作用
ヒバマタ(海藻)抽出物 脂肪燃焼サポート
オキナグサ(アネモネプルサティア) 抗炎症作用・創傷治癒作用・肌再生作用
カラクサケマン 抗炎症作用・創傷治癒作用・肌再生作用

 

こうやってみると、ダウンタイムをなくすために抗炎作用や創傷治癒作用など様々な成分が配合されています。

 

 

さらには血行促進や新陳代謝を活発にする作用をもつ成分もあるので、溶けた脂肪が自然に体外へ排出されるのをサポートしてくれるため3日〜1週間で効果をみることができるのだと思います。

 

 

肌再生作用などのお陰なのか、BNLS注射で肌の調子がよくなったという人もいます。脂肪がなくなって肌の調子までよくなったらそれは嬉しすぎると思います^^

 

BNLSがパワーアップしてBNLS Ver2に

 

BNLSには最近はBNLS Ver2という、有効成分が2つ追加されてさらに脂肪溶解効果の高まった薬が出ました。 わたしが頬にうけたのもBNLS Ver2になります。

 

BNLS Ver2の成分は上の表にある7つの成分のほかに、メチルプロパンジオールとマンヌロン酸メチルシラノールという成分が追加されたそうです。

 

この二つの成分のそれぞれの作用は次の通りになります。

 

成分名

作用

メチルプロパンジオール 有効成分の透過性を高める。優れた保湿作用で肌に張りを与える
マンヌロン酸メチルシラノール 脂肪分解、保湿、再生、細胞賦活、抗シワ、抗炎症作用

 

 

BNLSとBNLS Ver2の違い

 

わたしの受けたBNLS注射はBNLS Ver2でした。もとびクリニックでは現在はBNLS Ver2を採用しているので、ふつうのBNLSとの違いについては体験談としては分かりませんが、追加された成分をみると違いが見えてきます。

 

 

Ver2に追加された成分には保湿や抗シワなど肌へ嬉しい作用が多いようです。また脂肪分解のほかに肌へのアプローチも高まったようです。